どっちⅡ〜ゆるふわ情報ブログ〜

美容やダイエット、お金、心理学などの情報をゆるふわにお届けします。

融通が利かない人の心理、特徴って?

【融通】臨機応変に事を処理すること。
融通が利かないとは、臨機応変に事を処理できないことを意味します。
みなさんの周りにも、こういった人いますよね。

 

 

【スポンサードリンク】

取り組んでいる仕事に変更が加わっても、なかなかそれに沿って対応できない。
約束が反故になったら猛烈に怒り出す。
「これもお願い」と仕事を追加したが、一向に進まない。
などなど・・・。
予定と違ったことが起こると、上手く対応ができないんですよね。

なぜ、そのようなことになるのかというと、
融通が利かない人は、自分の頭できっちり理解しないと、行動に移せないんですよね。
変更後の内容を自分でしっかりと納得と理解をしてからじゃないと、自信を持って行動できないんです。
だから時間がかかるんです。
往々にして、そういう人は完璧主義だったりもします。

また、状況の変化に対応できるスキルがない人も同じことが言えます。
変化に弱い人はそれに対応するための知識とスキルがもともと備わってないのです。
跳び箱の飛び方を知らない人に、跳び箱を飛べと言っても出来ませんよね。
まあ人間ですから、それとなくの対応はするんでしょうけど、その方法はとても合格点とは言えない。
そういう人たちに、「なんでできないんだ」と怒っても仕方がありません。
だって、何を言われようと「分からない」し「できない」んですから。

完璧主義の人に対しては「まぁ少し柔軟に考えてみたら」という言葉をかける。
スキルのない人にはどう対応すべきなのか一から教えてあげる。
融通の利かない人たちといいお付き合いをするためには、こういう方法をとるのもいいかもしれませんね。