どっちⅡ〜ゆるふわ情報ブログ〜

美容やダイエット、お金、心理学などの情報をゆるふわにお届けします。

気をつけて!「この人ケチだなあ」と思われる人の特徴

アベノミクスでどっこいしょ〜!

日本経済もいい方向に動いているとはいえまだまだ不況には変わりない...。

ついつい財布の紐を絞めっぱなしにしてしまいますが、あまりにそれがキツすぎると「あの人ってケチだよね」なんて噂を立てられてしまうかも!?

ってな感じで今回は、私が見てきたケチな人に共通する特徴について書いていきたいと思います。

 

【スポンサードリンク】

人にお金を使うことが出来ない

ケチな人は、お金は自分のために使うものだと思っています。

その考えが全て間違っているとは思いませんが、お金は使ってこそまた巡り巡って自分に返ってくるものです。

自分への買い物は1万円以上する時計を無計画に買ってみたり、新しいスマホが出たら即買い替えをしたり。

しかし人へのお金は3000円のご祝儀・冠婚葬祭費でさえ出し惜しみ。

えー!?w

 

いつもお金がないと言っている

ケチケチしている人はしっかり貯め込んでいるようにもみえますが、大抵の人はお金の使い方が下手で、結局は手元に残っていないという人が多いと思います。
自分の使えるお金の範囲が分かっておらず、人にお金を遣えないというパターンですね。

 

お金がないのを人のせいにする

自分よりもお給料のいい人をうらやみ、自分のことは棚に上げてお金のことに限らずなんでも人のせい。

あの人が言ったからとか、あの人がやっていたからとか、自分に非があることを認められません。
また、目に見える良い部分だけを見て人を判断するので、その内側に秘められた苦労や努力、誠意などに気づいてあげられることが出来ません。
結果人脈までも作ることが出来ず、何でも自分のためにだけ時間やお金を使うという、孤立した世界で生きてしまうのです。

 

あ、最後に私怨がwww

お金は大事ですが独り占めするものではありませんね。

こちらからは以上です。

 

フランス人のケチの美学

フランス人のケチの美学

 
年収1億円を生んだ幸せケチの法則

年収1億円を生んだ幸せケチの法則