どっちⅡ〜ゆるふわ情報ブログ〜

美容やダイエット、お金、心理学などの情報をゆるふわにお届けします。

知っておきたい!鬱病になりやすい人の特徴って?

鬱病という病気が昔よりも多くの人に知られるようになりましたが、なったことがない人にとっては、なぜなるのかと不思議に思うこともあるかと思います。
鬱病になりやすいという人には、特徴があります。

 

【スポンサードリンク】

 

 

完璧主義

まず物事に対して、完璧主義であるということが挙げられます。

こうでないといけないという理想が高すぎて、それに向かって努力を惜しまない人。

完璧主義であることで、周りに対しても許せる許容範囲が狭くなり、どんどんしんどくなってしまいます。

 

マイナス思考

また物事に対して、マイナス思考をしている人も鬱病になります。

同じことが起こっても、人によって受け止め方は違いますよね。

何でもマイナスに捉えてしまうと、「悪いことばかり」「私は上手くいかない」という気持ちになり、生活が楽しめなくなってしまいます。
鬱になりやすい人は先の心配をしたり、過去を後悔していて、今この時を大事にできていないケースが多いようです。

 

人に頼れない

さらに人に頼れないという傾向があります。

何かあった時に周りに相談できる、周りの人に自分の仕事を任せることできる人は良いのですが、頼れずに自分で頑張ってしまう人は、一人で抱え込んでしまいます。

 

最後に

鬱病は誰でもなり得る身近な病気。

心の風邪」とも言われています。

鬱病を予防するためには、やることはしっかりとやるけれども、生活の中で楽しめることを見つける、今現在に集中する、周りを頼るということが大事なんですね。

 

 

家庭の医学 大人のためのこころの事典

家庭の医学 大人のためのこころの事典