どっちⅡ〜ゆるふわ情報ブログ〜

美容やダイエット、お金、心理学などの情報をゆるふわにお届けします。

この人で大丈夫?結婚相手を見極める3つの方法

20代後半くらいになると、大抵の女性が意識するようになるのが「結婚」ではないでしょうか。

昨今では「卵子の老化」などもテレビで取り上げられる機会も多くなり、出産を考えて結婚へのスタートを早めに切る人も多いようです。

しかし、だからと言って相手は誰でもいい、というわけにはいきませんよね。幸せな人生を歩むためにも、一生の伴侶の見極めには拘りたいものです。

ではここで、簡単にできる見極め方をご紹介。

 

 

 

年収と自分の理想の生活を想像してみる

結婚生活を送るに当たり、まず重要になってくるのは「お金」ですよね。しかしそれは年収ではないのです。

年収が多いにこしたことはありませんが、多ければ多いほど、忙しい毎日を送っているという男性も多いですね。

という事は、家事・育児、両親の介護などは全てあなたが被る事になります。それでもいいから専業主婦に、という方は年収の高い男性と結婚しましょう。一緒に家の事も考えていきたい方は、自分も働く代わりにそこまで年収を重要視しなくてもよいでしょう。

【スポンサードリンク】

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

話が合う、ではなく沈黙が大事

羊沈黙

 

良く結婚相手には話が合う人が良い、と聞きます。しかし、話が合う、合わないは、そこまで重要視する必要がないと私は考えています。

最初は合っていた話も、長い人生を共にするうち合わない話が出る事も普通。逆に一緒に過ごしている間にだんだん話があってくることも。どう変わっていくのか、変わらないままなのか、話の合う・合わないってわからないものなのです。

なので、同じ部屋にいて沈黙が続いた時、その空間を快適に過ごせるかがポイントだと思います。黙っているのが耐えられず話しかけてしまったり、沈黙が重く感じられるような相手では、貴方はリラックスできていないという事です。

同性の友達がいない男は避ける

repos

 

これが一番重要かもしれません。男友達がいない男性というのは、何かしら性格に問題があると考えた方が良いでしょう。自分の周りを見回してください。女友達がいない女性にはあなたも何かしらの違和感を感じていませんか?それと同じことです。男友達がいない、つまりはコミュニケーションが下手、もしくは人の彼女に手を出す、借金癖がある、などおおよそ結婚生活には向かない人間は多いと思います。

 

この3点を目安に結婚相手を見定めてみてはいかがでしょうか?顔は二の次、生理的に無理じゃなければ大丈夫、くらいの心持でいた方が幸せな結婚生活に繋がると思います。