「弱くてもいい」という生き方、考え方は美しくない

ストレス社会の影響からか、本屋にいけば「弱くてもいい」とか「そのままの君でいい」みたいな本がズラーっと並んでいたりする。そういう本をパラパラと捲ってみると、「弱いからこそ他人の気持ちがわかる」とか「弱い自分を好きになることが大切だ」「自分と向き合おう」みたいなことが書いてある。